• seike33

豊見城中央病院 藤村麻酔科部長インタビュー


心臓血管外科の立ち上げや手術運営にも関われる面白さ

私は、当院に心臓血管外科を開設するということで、その立ち上げを目的に入職いたしました。


当時は「2年でもよいので来てくれ」というお話しで来ましたが、実際に働いてみると、とても居心地が良く、手術運営にも関わりながら手術件数を伸ばすことができていることに、やりがいや面白さを感じ、続けていくことにしました。

まさしくチーム医療、他診療科とのつながりが非常に良く働きやすい


当院は手術件数が多い病院になります。麻酔科管理手術件数では、整形外科が全体の半分を占めています。


※全手術数 6,395件 内 麻酔科管理症例 4,697 件(平成 29 年度) 麻酔科管理手術件数


​心臓血管外科

​184例

​泌尿器外科

​587例

​産婦人科

​328例

​脳神経外科

​173例

​整形外科

​2,171例

​その他

​6例

​外科

​769例

​眼・耳・皮・形成

​479例


そのため、神経ブロックの件数も多く、超音波エコー装置は3台所有しています。この装置が3台もある病院は沖縄でも少ないのではないでしょうか。


当院の良いところは、外から来られた医師の方によく言われるのですが、「横のつながり、他診療科とのつながりが非常に良い」ということです。組織も縦割りではなく、様々な科の先生と話ができるので、とても仕事がしやすい環境です。


また、機材も大学病院なみに揃っているので、自分のやりたいことができ、様々なスキルを身につけることができます。とても魅力的な職場です。

オンとオフを切り替えながら仕事もプライベートも充実

当院は手術件数も、症例数も多い病院ですので、正直、「忙しさ」というものはあります。しかし、ほぼ17時30分には勤務が終わるように運営しており、私生活を犠牲にして働くということはありません。


麻酔科では、子育て中の女性医師も多く、自分の生活環境に合わせた勤務体系で働くことができます。ですので、子育てをしっかりやりたい医師の方にも安心して働いていただけます。


また、豊見城市はビーチも近いため、すぐ海で遊ぶことができます。休みは基本的に土日で、勤務当番でなければ、ダイビングなどマリンスポーツを楽しむことも可能です。


沖縄では、海辺でバーベキューをすることを「ビーチパーティー」、略して「ビーパー」と言うのですが、年1回、科のみんなで集まって肉を焼いたりして楽しんでいます。


仕事と私生活を両方楽しめる環境です。

今後は心臓血管麻酔の研修機関にしていきたい

今後、個人としては、心臓血管麻酔が一番好きなので、心臓血管麻酔医を育てたいと考えています。当院には優秀な心臓血管外科医がいらっしゃるので、最新の手術を見て学ぶことができます。

現在麻酔科では、日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定試験の取得をみんなで目指しています。そして将来は、心臓血管麻酔研修施設を立ち上げたいと考えております。

多くの麻酔科医の方にまずは病院見学に来てほしい



このように、当院は、スキルアップをしたい医師の方、心臓麻酔であったり、整形の神経ブロックだったり、専門を極めたいと思っている方にはとても魅力的な病院です。


設備も充実していますし、やりたいことができます。特定の医局に入る必要もありません。


当院の麻酔科に少しでも興味のある方は、ぜひ一度見学に来てください。そうすれば、とても素晴らしい職場だということを実感していただけると思います。


そして、気に入っていただければ、ぜひ一緒に働きましょう!お待ちいたしております。


1回の閲覧0件のコメント